台風対策で窓をガード!ダンボールの貼り方ガイド!内側と外側どっち?

知識

日本には毎年のように、いくつも台風が通過するのでその被害も甚大です。

大型台風の被害で意外に多いのが窓ガラスが割れてしまうという被害です。

台風によって窓ガラスが割れて修理代が、、だけじゃなく、割れた破片が飛んできて怪我をしてしまったり、落ちていたガラスを間違って踏んでしまったら大怪我のもとです。

最近は、少しでも被害を抑えるために、暴風雨・台風対策として窓にダンボールを貼り付ける方も増えています。

実際に、警視庁も推奨しています。

安心して生活ができるように、台風によって窓ガラスが割れるのを防ぐためのダンボールの正しい貼り方を徹底的に調べたのでご紹介します。

特にお子さんがいる家庭の方などは、思わぬトラブルに発展させないためにも台風や突風、暴風雨が心配されるときは窓を段ボールなどでガードしましょう。

台風対策で窓を守るためのダンボールの貼り方を紹介

ダンボールは多くの家庭に常備されているもので、手軽に使える素材です。

ダンボールを窓に貼り付けるだけで簡単に被害を抑えることができます。

台風は突然発生して数日後に上陸して来ますよね。

夏から秋にかけて頻繁に発生して時には2つ同時に発生することも、、

ダンボールを使った窓を守る方法を知っているだけで、いざという時に役立つと思います。

ダンボールよりもシャッターや雨戸、飛散防止フィルムを優先

ダンボールを使って窓を守る方法は、あくまでシャッターや雨戸、飛散防止フィルムが無い場合の応急措置です。

商店のガラス窓や公営団地、マンションなど雨戸やシャッターが付いていない方は是非参考にしてください。

窓の外側(家の外)からダンボールを貼り付けるのと、窓の内側(家の中)からダンボールを貼り付けるのでは効果に下記のような違いがあるので注意です。

  • 窓の外側⇒窓ガラスの割れ予防
  • 窓の内側⇒割れても飛び散らな用にする

窓の外側にダンボールを貼ると窓ガラスの割れを防止に

2019年の台風15号では、関東各地で記録的な暴風が発生して、アメダス千葉で最大瞬間風速57.5m/sを記録しています。ちなみに、35m/s~の風になると木々や電柱が倒れたり、ブロック塀が倒壊するものも出るなど被害も甚大になってきます。

当然、自宅の窓ガラスに折れた枝や植木鉢、看板などが飛来して当たってしまうという可能性も考えられます。

また、何も飛んでこなくても風圧でサッシが曲がり、窓ガラスが割れたり、割れた窓ガラスから強風が入って家の中のものが壊れたり、最悪の場合、吹き込んだ風で屋根が飛んでしまう事も、

ダンボールを窓の外側からピッタリ貼り付けておくことで、飛来物が当たった時にクッションの様に衝撃を和らげてくれます。

貼り方ガイド
  • 窓枠の内側の形にピッタリハマるようにダンボールをカット
  • 覆いかぶせるようにダンボールをつけ養生テープなどで貼り付ける

養生テープがある程度の粘着力がありながらも、剥がす時に楽で痕(あと)も残りにくいのでオススメです。紙のテープや布のテープを使う場合は、テープ・シール剥がし剤などがあると安心です。

より、クッション性を高めるために、二重にして貼り付けたり、プラダン(プラスチックダンボール)を使うのもオススメです。また、窓枠(サッシ)のゆがみ予防のために窓枠にジャストフィットするサイズのダンボールをはめ込むとより安心です。

貼り付けたダンボールが飛んで行ってしまうと、車にあたって傷ついたなどの二次被害が出る可能性があるので、絶対に風で飛ばないように頑丈に貼り付けてください。

窓の内側にダンボールを貼ると割れたガラスの飛散防止に

今度は逆に台風対策で窓の内側にダンボールを貼り付ければ、風圧で割れてしまった時の飛散防止になります。

万が一、外から物がぶつかってパリーンとガラスが割れてしまっても、内側にダンボールを貼り付けておくことでガラスが飛び散るのを防いでくれます。

床にガラス片が散らばると危険ですが、飛び散りにくくしてくれるので小さなお子さんやペットがいる場合でも比較的安心です。

貼り方ガイド
  • 窓枠の内側の形にピッタリハマるようにダンボールをカット
  • 覆いかぶせるようにダンボールをつけ養生テープなどで貼り付ける

基本的には、窓の外側にダンボールを貼り付けた時と同じ要領でやってもらってOKです。

あくまで飛び散り防止目的なので、ダンボールが無い場合は遮光性カーテンやレジャー―シート、緩衝材(プチプチ)などでも代用可能です。

室内で窓ガラスの内側にダンボールを貼るのは台風接近してからでも作業ができますし、外に出て濡れる心配が無いのでお手軽にできます。

台風対策で養生テープを窓ガラスに貼るのも有効

養生テープを貼った窓

台風対策として窓を守るため、自宅内、窓ガラスの内側から養生テープを貼っておくのも有効です。

ただし、これは、窓ガラスの強度を増すためではなく、あくまで割れた窓ガラスの飛散を防いだり、割れた後に風や振動の影響で更に破損が広がらないようにするためです。

3㎜のガラスを使った実験でも、テープを貼り付けていても簡単に割れます。

ただし、養生テープを貼り付けている場合は、揺らしてもガラスはそれ以上落ちにくいです。

養生テープを使う理由は剥がす時に便利だからです。

もちろん、上記の動画でもわかる通り、養生テープを貼っていてもある程度は破片が飛ぶのでダンボールと併用するのが良いでしょう。

飛散を防ぐための養生テープの貼り方について

飛散を防ぐための養生テープの貼り方ですが、よく見る方法ですが、米印になるように縦、横、右斜め、左斜めと張っていきます。

ここで注意点ですが、さっきのTwitterの動画でも割れたガラスが窓枠部分からスルッと落ちてしまっていました。

それを防ぐためにも窓枠とガラスの接点部分もテープを貼っておくとより安心です。

貼り方
  • 縦・横・斜めに4本養生テープを貼って米印を作る
  • 窓枠(サッシ)とガラスの接点部分も両方にかぶるように貼る

1つの窓1分ぐらいでササッとできちゃうので、とりあえずは養生テープを窓に貼り付けて、大きめの規模の台風だったり風速が心配な場合はダンボールでさらに強化し、安全性の高くなるような工夫をしましょう。

ただし、明日台風が来るから養生テープを買いに行こうと思って買い物に行ったけれど、コンビニやホームセンターで売り切れていたというケースも考えられます。

養生テープは使い勝手もいいので常に家にストックしておきたいですね。

台風対策で窓に貼るダンボールや養生テープの代用品は?

AmazonやZOZOなどで注文すると自然とダンボールが溜まってきてしまいます。

我が家の地域では、月に2回ダンボールの回収の日があり、ある程度ダンボールが蓄積したらゴミの日に荷造り用の紐(ひも)で縛って捨ててしまいます。

丁度、捨ててないダンボールがあれば台風対策で使うことができますが、タイミングが悪く家にダンボールが無いケースも、、、

段ボールや養生テープが無い場合の代用品もまとめてみました。

名称役割
ブルーシート・レジャーシート窓ガラスの飛散防止
飛散防止シート窓ガラスの飛散防止
結露防止シート窓ガラスの飛散防止
防犯フィルム窓ガラスの飛散防止
ガムテープ類(布・紙)養生テープの代わりに
(ただし、剥がしにくい場合もあり)

この機会に飛散防止フィルムを買って貼っておくのも良いでしょう。最近は台風時以外にも貼れるように、模様入りなどデザインもオシャレなものも沢山販売されています。

ただし、凹凸があるガラスや網入りガラスなどの場合は、買う商品が、それらのガラスに対応しているのか事前に調べてから買いましょう。

また、ガラス面の大きさよりもちょっと大きめを買って後からハサミなどでカットすると、サイズが足りないという事が無いのでオススメです。

窓ガラス周辺の物は片付けておく

風が強くて窓ガラスが割れそうという心配もありますが、ガラスはある程度の風圧に耐える強度があるので基本的には風で割れるという事は少ないそうです。

つまり、窓周辺にあるものが窓にぶつかって割れることの可能性の方が圧倒的に高いそうです。

窓が割れる可能性を減らすためにも、台風が迫ってきたら、ベランダや庭先などに置いてある観葉植物や物干し竿、小物などを部屋の中に入れたり危なくないところにしまっておくのも大切です。

自分の家ならまだしも、近所の家に飛んで行って被害が出てしまうという事は絶対に避けたいですよね。

窓にダンボールを貼りつけておくと燃える?

窓にダンボールを貼り付けておくと燃えるのではと心配される方もいるかもしれませんが、ダンボールの発火温度が高いので台風対策で窓に貼り付けておいて燃えるという心配は少ないと思います。

ただし、太陽光が収れん(集まって)一点に集まると火災に繋がる可能性ではゼロではありません。

台風が通過したら速やかに外しておきましょう。

【まとめ】台風対策で窓をガード!ダンボールの貼り方ガイド!内側と外側どっち?

養生テープやダンボールを使って窓をガードするする方法を確認していき貼り方ガイドをご紹介しました。

貼り方も簡単で道具があればだれでも簡単に貼り付けることができます。

ただし、あくまで応急措置なので、ダンボールや養生テープよりも、飛散防止フィルムやシャッター、雨戸などを使った方がより安全に窓を守ることができます。

飛散防止フィルムやシートは沢山の種類が販売されていてインテリア性も考えられているのでこの機会に購入して貼り付けておくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました