毛穴からでる白いニュルニュルの取り方は?臭い?白い脂の正体

美容関連

鼻周辺や額などの表面がブツブツ・ザラザラした状態になったことはありませんか?

気になってピンセットや指などでギュッと押し出すと白いニュルニュルした細長い塊が出てきます。

この毛穴から出る白いニュルニュルの正体は何なのでしょうか?

当ページでは、鼻の頭などを強く推した時に毛穴から出てくる白いニュルニュルの正体について紹介しています。また、その取り方や予防法なども併せて掲載しているのでぜひ参考にしてください。

結論:白いニュルニュルの正体は角栓です

結論から書きますが、毛穴から出る白いニュルニュルの正体は角栓です。

このブツブツを洗い流すために洗顔せっけんや洗顔フォームでゴシゴシ洗ってみたけど、時間が経つとまたすぐに白いニュルニュルができてしまっているケースも多いです。

また、完全に除去するためにピンセットや両手でギュギュっと押し出して一時的に綺麗になっても、また再発しますし、無理に押し出すと肌にダメージが残ったり、最悪の場合、毛穴開きの原因になってしまうので絶対にNGです。

ブツブツ角栓は皮脂と角質の混合物

結局このブツブツ角栓の正体は何なのでしょうか?

角栓は毛穴の奥にある皮脂腺から分泌された過剰な皮脂と、古くなった角質や産毛などが混ざって詰まった塊です。

角栓には皮脂が詰まっているので、そのまま放置していると、徐々に酸化してきてイチゴ鼻や毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。

毛穴が黒ずんでいると肌が汚く、清潔感の無い印象を与えてしまうので、すぐにでも除去したいですよね。

毛穴の白いニュルニュルができてしまう原因とは?

毛穴の白いニュルニュルの角栓ができる原因は一つではありません、様々な要因がありますし、原因が複数絡んでいる場合もあります。

白いニュルニュルの角栓ができる主な原因をまとめてみました。

多くの原因は乾燥

毛穴に白いニュルニュルが溜まり角栓ができてしまう主な原因は乾燥です。

皮膚は乾燥すると表皮内でターンオーバーが乱れて早くなり、未成熟なまま角質のまま表面に上がってきてしまいます。

未成熟な角質は不揃いで乾燥しており、しかも綺麗に剥がれ落ちていきません。その為毛穴に溜まっていってしまうのです。

毛穴に角質が蓄積することでそれが白いニュルニュルの角栓に繋がってしまいます。

落としきれていないメイク

濃いメイクをしているのにクレンジングの洗浄力が足りないなどで、メイク残りがあると毛穴詰まりが角栓に繋がってしまいます。

自分のメイクや肌質との相性が良いクレンジング料を選ぶのはもちろん、正しい使い方を実践するのは大切です。

乳化タイプのクレンジングを使っている方は転相を意識して使ったり、寒い季節などはクレンジング自体を温めるのも有効です。両手を湯船のお湯で温めクレンジング料を手の平に出し、手肌の体温でクレンジングを温めてから使ってみましょう。

間違ったスキンケア

白いニュルニュルの角栓が気になるからといって下記の間違ったスキンケアを行うのは厳禁です。

  • 洗顔料でガシガシ強引に洗う
  • 毛穴パック
  • 肌に合っていないのに高頻度でピーリング剤やAHAを使う
  • 指で無理やり押し出す
  • 1日に何度も洗顔する

これらは、美しい肌を作るどころか、肌トラブルや逆に毛穴広がりや目立ちの要因になってしまうので注意しましょう。

一時的に角栓を除去したとしても肌環境が劣悪だと、またすぐに角栓ができてしまうので根本的な解決にはなりません。

白いニュルニュルの取り方とは?

毛穴の白いニュルニュルの取り方ですが、角栓を引っ張って除去したくなりますが、無理に取らないようにしましょう。

健康的な肌なら角栓ができてしまっても毛穴の皮脂などと一緒に自然と垢として排出していきます。なので、毎日のスキンケアで健やかな肌環境を目指し自然に排出させるのが基本です。

ただし、加齢と共に新陳代謝の機能は衰えてくるので、角栓が黒ずんできたり、蓄積が気になる場合は定期的にフルーツ酵素や洗浄力が高めのクレンジングなどで落とすのもアリです。

ホットタオルで落としやすくする

『クレンジングなどで上手くキレイに落ちない』という場合は、レンジなどで温めたホットタオルで角質をフニャフニャにしいてからケアするのもオススメです。

実は角栓の70%は角質(タンパク質)なので硬く落ちにくいです。その為、ホットタオルなどでふやかして落としやすくしましょう。

ただし、火傷には十分に注意しましょう。

角栓ができるのを予防をする方法とは?

角栓が頻繁にできて困っているという方は普段の日常生活やスキンケア方法に問題があるかもしれないので一緒に見直していきましょう。

毛穴に角栓ができるのを防いだり予防する方法をいくつか挙げてみたのでチェックしてみましょう。

質の良い睡眠

睡眠中は成長ホルモンが分泌され日中に受けた紫外線などのダメージを修復・再生・ターンオーバーの促進をする大切な時間です。

以前は22時〜深夜2時がお肌のゴールデンタイムといわれてきましたが、最近の研究では入眠後3時間までに成長ホルモンが分泌されるので無理して22時までに寝なくても大丈夫だというのが通説になっています。

お肌のことを考えるなら0時までに寝るようにして、7時間ほど睡眠時間を確保しましょう。

ただし、難しいのは、最適な睡眠時間には個人差があります。生まれつきのロングスリーパーやショートスリーパーなどに加え、体調や季節などにも影響されます。

ちなみに、夏場の方が日の長さが長くなるため睡眠時間も短くなるそうです。

大切なのは日中に睡眠不足のサインである眠気があるかどうかを確認して十分な睡眠をとる事です。しっかり睡眠をとることで美肌効果に加えて代謝も良くなり痩せ体質など美容効果も期待できます。

丁寧な保湿ケアを心掛ける

角栓が頻繁に発生してしまう主な原因は乾燥です。

その為、普段から丁寧な保湿ケアを心掛けることで白いニュルニュルの角栓ができるのを防いでいきましょう。

保湿・保水ケアに特化したスキンケア用品を使うのもオススメです。また、意外に大切なのが洗顔やクレンジング後に間髪入れずにすぐに化粧水やオールインワンコスメで保湿することも重要です。

洗顔後は秒単位で肌内部の水分が蒸発していっているのでなるべく迅速にデイリーケアをしましょう。

それでも、乾燥に悩んでいる方はブースター美容液(導入美容液)もプラスしてみるのも有効です。

ただし、表面をオイルでコーティングするだけのタイプのコスメには注意が必要です。表面がテカテカしているけど肌内部まで潤いが浸透していないという場合もあります。

食生活を見直す

私たちの身体は普段食べている食事から摂取した栄養素から作られています。

身体の内側から角栓ができにくい体質を作りたいという方に向けて美肌作りにオススメの栄養をまとめてみました。

  • ビタミンA(ニンジン、うなぎ、レバー)
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • 食物繊維(ごぼう、海藻、イモ、きのこ)

また、腸内環境を整えるためには、ヨーグルトや納豆などの発酵食品もオススメです。腸内環境が悪化することで肌荒れ、ザラつき、ゆらぎ肌に繋がってしまう可能性があるそうです。

これらの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

特に角栓を気にするならパスタやパンなどの炭水化物(糖質)と牛肉や豚肉などの動物性の脂質の過剰摂取には注意しましょう。皮脂の過剰分泌に繋がり角栓ができやすい状態を作ってしまいます。

角栓?ニキビ?臭い場合は「粉瘤」?

角栓で毛穴がふさがれると、角栓内に皮脂が長時間とどまり、そこでアクネ菌が繁殖してしまいます。その為、ニキビに発展してしまいます。

ちなみに、このニキビは角栓同様に無理に芯を抜こうと潰すのはあまりよくありません。雑菌が入ったり凸凹クレーターに繋がってしまうこともあるので基本的には潰さず直しましょう。

大きめのニキビと似ているのが「粉瘤」です。粉瘤は皮膚の下にできる袋に角質や皮脂がたまってしまったもので、ニキビと似ているのですが中心部分に黒い点があったり、潰した時に臭いのが特徴です。

粉瘤は自然には治らないので病院に行く必要があります。

もしも不安な場合は病院で診察をしてもらいましょう。

まとめ

毛穴を押した時に白いニュルニュルが出てくる場合、毛穴に角栓が詰まっている状態です。無理に押し出してとるのは肌に必要以上のダメージや負担を与えてしまいます。

しかも、時間が経つとまたニョキニョキと角栓ができてしまうのでイタチごっこです。

しっかり角栓による悩みを根本から解消したい場合は保湿ケアの徹底が一番効果的です。丁寧に保湿ケアをしてあげるのに加えて、生活習慣も見直してしっとりふっくらした健康的な肌を作っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました