黒いセブンイレブンがあった!理由・意味は景観維持のため?

エンタメ

セブンイレブンといえば白・オレンジ・緑・赤のカラフルな看板ですよね。

そんなセブンイレブンですが、全国には黒いモノトーンのご当地セブンイレブンもあります。

私も、初めて発見した時は二度見してしまいました。

どうして、黒いセブンイレブンがあるのでしょうか?

考えれば考えるほど謎が深まる、黒いセブンイレブンの意味や理由を調べてみました。

黒いセブンイレブンを建てた理由と意味

いつもカラフルなセブンイレブンを見慣れていると、初めて黒いセブンイレブンを発見した時に違和感を感じる人も多いと思います。

実際にTwitterなどのSNSでは、黒いセブンイレブンに出会ったという報告をいくつも見つけることができました。

やっぱり、インパクトがありますよね。

でも、どうしてブラックセブンイレブンが存在しているのでしょうか?

ナチュラルローソンの様に、同じセブンイレブン系列だけど、取り扱っている商品がちょっと違うなどの違いがあるのでしょうか?

黒いセブンイレブンができた理由や意味は下記のツイートにヒントがありました。

上記の黒いセブンイレブンは秋田県の由利本荘市にあります。

秋田県の由利本荘市風致地区内は景観条例地区のため、良好な自然的景観を維持・保護する目的で白黒のセブンイレブンになったそうです。

市役所からも派手な色のセブンイレブンは建設してはいけないと言われているようです。

こんなお洒落な屋根の形のセブンイレブンのツイートもありました。カッコイイですね。

秋田県の他にも、北海道の上川層雲峡や大分県の湯布院などにも黒いセブンイレブンがあります。

また、色以外にも屋根部分が瓦のような見た目のセブンイレブンもあるみたいです。

茶色い・セピア色のセブンイレブンもあるの?

黒いセブンイレブンだけではなく茶色・セピア色のセブンイレブンも存在します。

群馬県の草津などにも茶色いセブンイレブンがあります。

ちなみに、草津の有名スポットである湯畑の隣のセブンイレブンも茶色い店舗です。

確かに温泉街の風光明媚な景色を邪魔していないと感じました。

黒いローソンやファミマもあるの?

黒いセブンイレブンはありましたが、黒いローソンもあります。

ローソンはブルーとホワイトの結構目立つ看板なので、景観を維持するためにモノクロのローソンの看板が採用されてる店舗もあります。

また、大手コンビニ3社の一つであるファミリーマートも景観条例がある場所は黒いファミマになっています。

黒いセブンイレブンがあった!理由・意味は景観維持のため?まとめ

黒いセブンイレブンを探してみましたが、確かに全国各地に存在しました。

全国では景観条例が制定されている地域が多々ありますが、そういうところではコンビニ各社は、それぞれ景観を損なわないように工夫をしているようです。

旅行などで趣のある名所の景観が美しいと写真を撮るときなど嬉しいですよね。

※当サイト内に掲載している情報は不確かな場合もあります。また、時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました